令和3年度余土中学校日記

3年生 総合的な学習の時間

3年生の総合的な学習の時間のテーマは、「未来に学ぶ」(未来との「であい」)です。
中学校卒業後の進路を選択するにあたって、社会の一員として、どのように生きていくのかを考えていきます。

まず、1学期は、私たちが将来生きていく社会について、資料から課題を見つける活動を行います。
環境、防災、国際化などのテーマから深く学びます。
2学期からは、講座別に分かれ、見つけた課題を追究していきます。

そして、よりよい社会の実現のために自分たちのできることを考え、その考えを提言としてまとめたり、将来、自分たちがどのように生きて、どんな社会をつくりたいか、考えたりしていきます。

総合的な学習の時間を通して、これからの更なる成長に期待しています。

1年生の授業風景

   入学式から約2週間が経ち、本格的に授業が始まっています。

 保健体育科では、気持ちを揃えて集団行動を実施しました。

 社会科では、集中して授業を聞きました。

 数学科では、よく手が挙がっています。

 中学生の自覚を持って授業を受けることができています。

 

避難訓練を行いました

 地震により火災が発生したという想定で、生徒が自教室からの避難経路を知るとともに、教職員の役割分担を再確認することをねらいとして、避難訓練を行いました。生徒一人一人が真剣で迅速に避難することができました。訓練後、校長先生から「災害の状況を応じて最も安全な方法で、災害以外の場面でも危険に気付き安全な行動がとれる余土中生であってほしいと思います。」とお話がありました。

  

部活動紹介と生徒会入会式、1学期学級役員任命式がテレビ放送で行われました

 本日5校時に部活動の紹介をしました。1年生は真剣な表情でVTRを観賞し、様々な思いをめぐらせているようでした。
 6校時は、生徒会入会式と1学期学級役員任命式を行いました。入会式では、生徒会役員が生徒会活動について紹介をしました。余土中学校では、「誇れる自分・信じる仲間・輝く余土中」という3つの誓いを掲げ、様々な活動に取り組んでいます。1年生代表が生徒会長から「余土中生の誓い」授与されました。1年生の皆さんにも、これから始まる学校生活をこの3つの誓いを意識しながら過ごしてほしいと思います。
 続いて、1学期の学級役員を任命し、終わりの会の後学級生徒会、専門委員会、生徒協議会を行いました。余土中学校の生徒会活動が本格的に始まりました。

中学校生活の様子

 教科の授業を始めるに当たり、今年度から中学校で全面実施となる新学習指導要領について、TV放送でガイダンスを行いました。特に授業がどう変わるか、そして学習評価の方法はどうなるのかについて研修主任が解説しました。
 1年生は、広くて新しい余土中学校の校内をめぐり、特別教室の場所を確認したり、職員室の出入りのマナーを聞いたりしました。これから始まる中学校学校生活を、快適で有意義に過ごしてほしいと思います。
 また、全学年がいろいろな場所で学級の写真撮影をしました。
 3年生はいよいよ受験生となりました。進路指導の担当者から入試までのスケジュールや心構えなどについて説明を聞き、これから1年間、しっかりと自分の進路を考えようと決意していました。