大雨による洪水を想定した避難訓練

 台風や大雨による洪水を想定した避難訓練(いわゆる垂直避難)を実施しました。
 この避難は、大雨によって石手川と重信川の氾濫の恐れがあり、校外への移動が危険な状況のとき行われます。1年生は初めての訓練でしたが、2、3年生は2度目ということもあり整然と行動していました。最後に校長先生から、災害に備えて、「まつやま防災マップ」を確認し災害時にどのように行動するか家族と話し合っておくこと、今年5月から改正された5段階の警戒レベルと「避難情報」の内容を確認することについてお話がありました。

 災害だけでなく様々な事故や感染症等から、大切な命を守るためにどのようにすればよいか、この機会にしっかり考えてみたいと思います。