ブログ

令和2年度余土中学校日記

桜満開の中、離任式が行われました。

 桜満開の中、離任式が行われました。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、第1部はテレビ放送で、第2部は体育館と武道場、コモンスペースに分かれて学年単位で行いました。対面による離任式では、代表の生徒からお別れをする先生へ心温まるエピソードが述べられ感謝の気持ちがとても伝わってきました。
 また、離任される先生方とお別れをするために保護者の皆様や過年度卒業生が学校を訪れてくれました。
 離任される先生方のますますのご活躍を心からお祈りしております。本当にありがとうございました。

令和2年度修業式を行いました

令和2年度最後の登校日となりました。
体育館に入場して、新しい前期生徒会役員の任命式を行いました。
続いて、女子ソフトボール部、男子バレーボール部、男子剣道部の表彰をしました。
修業式に先立ち、1年生の代表生徒が、「2年生になっても学習や部活動を一生懸命頑張り、卒業するときにやれることはすべてやったと思えるような中学校生活にしたい」と進級に向けての抱負を発表しました。
修了証授与後、校長先生から「1年生も2年生もすでに令和3年度が始まっているような気がします。なりたい自分をイメージしていろいろなことに挑戦してほしい。自分をつくるのは自分なのです。」と式辞を述べられました。1年生174名、2年生214名はそれぞれの教育課程を修了して進級します。

前期生徒会役員選挙が行われました

 5校時にTV放送による前期生徒会役員選挙の演説会と投票が行われました。緊張感漂う中、12名の生徒がそれぞれの公約を掲げ堂々と発表しました。立候補者から新しい前期生徒会役員が選出され、4月から約半年間、生徒会の中心となって余土中学校をリードします。

第74回卒業式を挙行しました

 第74回卒業式を挙行しました。205名の卒業生は、校長先生から一人一人卒業証書を受け取り、3年間の思い出をかみしめていました。式典後、中学校生活の様子をまとめたVTRを視聴し、感動の余韻を残して余土中学校を巣立っていきました。卒業生の今後の活躍を、在校生・教職員一同、心からお祈りしています。
 本校の卒業式に愛媛朝日テレビの取材が入りました。本日18:15~18:55のニュースで紹介される予定です。

 

1・2年生で3年生を見送りました。

 明日、1・2年生は、3年生を見送ることができないので、本日、生徒会主催による3年生を送る会を行いました。
 1・2年生が作成した動画の視聴後、グラウンドに移動して、3年生の代表者から1・2年生へのメッセージと、在校生代表から3年生への感謝の言葉が述べられました。
 そして、1・2年生がつくった花道の中を3年生は下校しました。

澄み切った青空のもと「しまなみ夢歩行」を行いました

 澄み渡った青空のもと、しまなみ海道夢歩行に今日は絶好のコンディションでした。元気にスタートを切った2年生。道中、力を使い果たさないか心配でしたが、みんな上手にペースを保って、仲間と声をかけ合い、協力しながら、見事完歩しました。ゴールにたどり着いた時の顔は、皆晴れ晴れとしていました。いつまでも心に残る想い出になったのではないかと思います。

 

1年生防災教育(避難所の運営を考えよう)

  1年生は各クラス2時間ずつHUG(避難所運営ゲーム)風水害編を行いました。ゲームとは言っても、実際に学校を避難所に設定して、次々に訪れる避難者を的確に案内し、過ごしやすい避難所にする、というシミュレーションです。家族と離れ離れの方、車いすの方、乳児を連れた方、ペットと一緒に避難してきた方など、訪れる人の事情の設定は様々です。また、停電が起こったり、テレビが届いたり、トイレがつまったりする突発的な出来事も多く起こります。生徒たちは、慌てながらも班で協力して、避難所を運営する体験に真剣に取り組みました。こういった経験がいずれ生きる力に繋がってほしいと願っています。

   

2年生少年の日記念行事 しまなみ夢歩行

晴天に恵まれ、しまなみ夢歩行を予定通り実施しています。日陰はやや肌寒いですが、歩行日和です。

21キロという長い道のりとアップダウンのあるコースですので、先頭と最後尾はかなり離れていますが、みんな元気に頑張っています。

  

2年生少年の日記念行事 しまなみ夢歩行に向けて

3月11日に実施される「しまなみ夢歩行」に向けて、各クラスの班長さんたちが、スローガンを考えました。

各班からの42編の中から、次のように決まりました。

Best  memories  Best  friends! ~今しかできない経験を 最高の仲間と~

各クラスの班長さんたちは、バスの中でのルール作りや歩行中のマナーなど、行事を成功させるために、いろいろな意見を出し合って取り組んでいます。

21kmという長い道のりですが、仲間と先生とともに互いに励まし合い、最高の思い出を作ってきてください。

 

 

盲天外通りの清掃活動

 3月6日(土)の朝8時から30分程度、今年度最後の盲天外通りの清掃活動が行われました。本校からはボランティア部の1年から3年までの10名が参加し、顧問の先生方や地域の方と落ち葉を拾ったり雑草を抜いたりして、盲天外通りを美しくしました。終わってからは丁寧に手洗いをし、感染予防にも努めていました。来年度も地域への感謝の気持ちを大切にし、地域の方と協力して美化に励んでほしいと思います。

   

1年総合的な学習の時間「防災学習」

 先月行った「緊急避難」の学習のあと、被災者としての生活シミュレーションを行い、「被災生活体験」の学習を行いました。各クラスが5つの講座(『ご飯を炊こう』『防寒着を作ろう』『トイレを作ろう』『避難所生活を考えよう』『テントを建てよう』)で学習を進め、いざというときに対応できる力を高めることを目標に取り組みました。
①ご飯を炊こう
 

②防寒着を作ろう

③トイレを作ろう

④避難所生活を考えよう

⑤テントを建てよう

3年美術科作品展

3年美術科図法を活用しての「立体感のある表現」で制作した作品を、本日から玄関に展示しています。

優秀作品を生徒たちも鑑賞しています。

 

 

ALTビルクプレゼンツ

ALTのビルク先生が、昼休みに、1年生を対象としてUNOトーナメントを開催してくれました。

週2回の開催で、この部屋では、イングリッシュオンリー、ノージャパニーズです。

何か月もかけて行われ、Championが決定しました。これはセミファイナルの様子です。

   

 

国語科、英語科、保健体育科の授業風景

1年国語科の毛筆による書写の学習です。静まり返った落ち着いた雰囲気の中で、一人一人が無心に筆を動かしています。集中して取り組むことによって、心が安定するいい時間となっています。

 

2年英語科のペアによる音読の学習です。相手に伝えることを意識して英文を読んでいます。どの子も一生懸命に頑張っていました。

  

3年保健体育科の授業です。入試に向けて勉強漬けの毎日ですが、身体を動かすことでリフレッシュしています。中学校に通う日も少なくなってきました。それを惜しむかのように、みんな楽しそうです。

 

 

1年数学図形の授業と2年技術・家庭科エネルギーミックスの授業

1年生の数学の授業です。一人一台端末を使って、立体図形の表面積を求める学習に取り組んでいます。立体になると理解することが難しい生徒も、各自のPCで視覚的にとらえることができています。ICTをうまく活用して、理解しやすいように工夫しています。

2年生の技術・家庭科のエネルギーミックスの授業です。電力会社を作るとして、どのようなエネルギーがよいのか。一人一人の考えを持ち寄り、みんなで協議をし、考えを深めました。これからの時代に生きる子どもたちに、多角的・多面的に考えられるような課題を設定し、学習を進めています。

 

2年技術・家庭科保育領域授業 絵本の読み聞かせ

2年生の技術・家庭科の授業では、幼児について学習します。

本日は、幼児への絵本の読み聞かせについて、図書館支援員の先生から、専門的な技術を教えていただきました。

好きな絵本を、分かりやすく相手に読み聞かせている様子は、どの子の表情も優しくて・・・思わずパチリ!

  

 

3月3日 桃の節句

本日は、桃の節句、ひな祭りです。陽ざしに春の訪れを感じます。

本校の健全育成支援員の方から、自作の木工細工のお雛様を届けていただきました。

玄関に飾っています。季節のしつらえは心が豊かになります。

玄関には生徒会新聞や生徒会からのお知らせも掲示しています。

 

余土小学校 金管バンド部スプリングコンサートに賛助出演

 2月27日、コミュニティセンターのキャメリアホールで、余土小学校金管バンド部のスプリングコンサートが開催されました。そこに本校の吹奏楽部が賛助出演し、1部の小学生の息の合った素晴らしい演奏に続き、2部で4曲を披露しました。恵まれたホールで演奏ができることに感謝し、小学生にあこがれと刺激を与える見事な演奏で恩返しをしました。
 演奏の最後に吹奏楽部長から「音楽に全力で取り組みたい人は、ぜひ本校の音楽室へ」と小学生にメッセージを残しました。演奏を聴く人に感動を与える素晴らしい伝統が、小学校から中学校に力強く受け継がれていることを実感しました。

 6年生の皆さん、中学校での入部をお待ちしております。

  

令和2年度第2回生徒総会を実施しました

 今回の生徒総会は、コロナ禍で、全校生徒が体育館に一堂に会して行うことができない状況から、初めてZoom(ネットワーク会議用アプリ)を使って開催しました。生徒会長の挨拶に続き、生徒会執行部から令和2年度の活動報告と決算報告、生徒会会則の変更(生徒会役員の男女枠撤廃)について提案されました。提案に対する意見が求められると各学級の生徒は緊張した表情で考えていました。3年生男子から建設的な賛成意見が述べられ、最終的にリモートにより承認を受けました。リモートでの生徒総会ではありましたが、予想に反して全校生徒の一体感を生み出し効果的でした。得られたリモート会議の課題を修正して今後の使い方を検討したいと思います。

  

新学習指導要領の改訂と防災について校内研修を行いました

令和3年度から中学校で始まる新学習指導要領の実施に向けて、校内研修を行いました。
特に今回の大きな改訂点である学習評価について、各教科で共通理解を図りました。
また、本校は災害時の避難場所に指定されているので、松山市から様々な防災備品が備蓄されています。
防災教育の担当者から校内の避難設備等の説明後、万一のときに備えて、全教職員で投光器やパーティション、簡易テント、トイレ等の設置要領を確認しました。

生徒指導便り31号・32号を掲載しました。

「学校より/生徒指導/進路関係」「生徒指導担当より」に生徒指導便り31号、32号を掲載しました。ぜひ、ご覧ください。

生徒指導便り31号(ネット等の調査「被害」「ゲームをする相手・場所」「ゲームをする時間」)

生徒指導便り32号(ネット等の調査「最終」、子どもたちを見守る多くの目)

学校前の国道交差点のところに、歩行者の安全を守るために横断歩道標示の追加、導流帯・減速導流帯(ゼブラ)と車線分離票(ポール)が設置されました。国道からの左折車両は以前よりかなり減速してます。左折時に歩道のすぐ脇を通過する二輪車もいなくなり、登校時の生徒の安全度がかなり向上しました。

 

全日本アンサンブルコンテスト四国支部大会にマリンバ三重奏出場しました

2月7日(日)全日本アンサンブルコンテスト四国支部大会に、吹奏楽部のマリンバ三重奏が出場しました。
前日は会場の都合で小さなマリンバで練習しました。
当日の早朝は、運搬用トラックのコンテナの中で、本番用マリンバを使って最後の調整をしました。
大会では、三人とも持てる力を最大限に発揮して表現し演奏を楽しみました。
結果は銀賞でした。一連の大会で得られた貴重な経験を、これからの活動に生かしていきたいと思います。
大会への参加に当たり、ご支援いただきました保護者の皆様、練習のために環境を整えていただきましたホテルの関係者、トラックの運転手様に感謝致します。本当にありがとうございました。

1年総合的な学習の時間(防災学習3 マイタイムライン作り)

 愛媛大学と松山市危機管理課の職員の方を講師としてお招きし、地域の課題や警戒情報の正しい見方を学び、日頃から災害に対して備えることの大切さを実感しました。水害による避難行動を想定する「マイタイムライン」を作成し、緊急時に適切な行動をとり、速やかに避難する方法について、互いに情報共有しました。

生徒会執行部より提案② シトラスリボン活動

 生徒会執行部からの提案により、本日からシトラスリボン活動を本校でも実施することになりました。

 先生方に付けていただき、この活動の趣旨を全校生徒に広めてほしいということです。

 コロナ禍で、出口がなかなか見えない、閉塞感いっぱいの日常に、新しい取組を次々と提案してくれる子どもたちから力をもらっています。

 

 

 

 

 

1年総合的な学習の時間(防災学習2 防災・街歩き)

 1年生の防災学習2回目は、防災・街歩きを行いました。緊急時に適切な行動を迅速にとる力を身に付けるために、自宅からの避難場所や危険箇所を確認し、実際に街にひそむ危険性のあるものを発見する活動を行いました。小学校の登校班に分かれて、近所のつながりを意識しながら協力し合って活動し、互いに情報共有しました。午後には、街歩きで得た情報を整理するために、防災マップを作成しました。

全国学校給食週間の本校の取組

1月24日(日)から30日(土)は全国学校給食週間です。
本校では、給食委員会によるお昼の放送を行いました。
給食の始まりとその目的、食べ物クイズや調理場へのアンケート結果をお知らせしました。
バラエティ豊かな給食を作ってくださる方々に感謝しながらいただいています。

2年生は修学旅行説明会を行いました

2年生は6校時に、修学旅行・少年の日記念行事等の説明会を行いました。
例年行っております少年の日記念集会は、特別警戒期の状況を鑑み中止としましたが、体育館には少年の日の記念として制作した美術作品「自画像」と決意作文を展示しました。
来校された保護者の方々は熱心に作品を鑑賞されていました。

1年生の参観授業を行いました

 1月27日(水)の5校時に、1年生の参観授業を行いました。1組は音楽、2組は数学、3組は理科、4組は国語、5組は英語、8・9・10組は英語の授業を行いました。久しぶりの参観日に、生徒はやや緊張した表情でしたが、真剣に学習に取り組んでいました。

生徒指導便り第28号・29号・30号を掲載しました。

「学校より/生徒指導/進路関係」「生徒指導担当より」に生徒指導便りを掲載しました。ぜひ、ご覧ください。

 

生徒指導便り第28号「ネット等の調査(利用の仕方)、バレンタインデー」

生徒指導便り第29号「椿祭りについて、ネット等の調査(家庭のルール)」

生徒指導便り第30号「生活心得検討委員会」

大雨による洪水を想定した避難訓練を実施しました

台風や大雨による洪水を想定した垂直避難訓練を実施しました。
この避難は、大雨により石手川と重信川の氾濫の恐れがあり、校外への移動が危険な状況のとき行われます。
生徒にとって洪水を想定した垂直避難訓練は初めてでしたが、整然と行動していました。
今回分かった課題を修正して、いざというときは迅速に動けるよう、今後も継続して訓練を行いたいと思います。

校内書き初め展優秀作品

生徒玄関には、校内書き初め展で金賞を受賞した作品を展示しています。
どの作品にも迫力があり、見応えがあります。
生徒玄関と生徒会コーナーには、生徒会がまとめた「いいところ掲示」も展示しています。
ご来校の際は、ぜひ、ご覧ください。

生徒会執行部からの提案① ノーチャイムデイの実施

選挙公約に掲げた生徒会役員からの提案によるノーチャイムデイを実施しました。
生徒会役員はもちろん、学級委員長会、生活員会が中心となり、成功させるために準備をしてきました。
昨日は生徒会長からノーチャイムデイに向けて「時間を守って行動する意識を高め、互いに高め合える余土中を目指して頑張りましょう」と呼び掛けがありました。
生徒たちは、終日、時計を意識し、授業と休み時間のけじめを付けて行動していました。
本日の課題を改善して1月26日(火)に2回目を実施します。
これを機に、時間を守る習慣を身に付けていきたいと思います。

第3学期始業式を行いました

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
これまでにない寒さの中、3学期がスタートしました。
式に先立ちアンサンブルコンテストの表彰伝達を行いました。
続いて、2年生の代表生徒が、冬休みの反省と3学期の抱負を発表しました。
始業式では、校長先生が『「和顔愛語(穏やかな笑顔で思いやりのある話し方で人と接すること)」という言葉を紹介されました。そして、一人ではできなこともみんなとならいろいろなことができます。さわやかな挨拶をして、きちんと清掃にも取り組み、さらに自分を輝かせましょう。』と式辞を述べられました。

 

新学期始めにおける新型コロナウイルス感染症対策に係る注意喚起について

 標題の件につきまして、教育委員会から以下のとおり通知がありました。
つきましては、通知内容をご確認の上、今後も感染が広がらないよう感染症対策へのご協力をよろしくお願いします。

【保護者への周知事項】
 愛媛県での感染者数が連日20人を超える中、年末年始に県外の親戚や帰省した家族との会合等により、感染者となった事例が多くあるとのことです。
 親戚づきあいや家族の帰省は大切な交流であり、そのような会合等に参加したお子様を必ず休ませなければならないというものではありません。しかし、感染拡大の兆しが見えていることを御理解いただきまして、お子様が、会合等へ参加したことによって、感染について不安のある時は、遠慮なく学校を休ませてください。この場合は、出席停止となりますので、学校まで連絡してください。
 なお、出席する際は、マスクの着用、手洗い、手指消毒など、感染予防対策の一層の徹底をお願いします。
また、発熱や咳、のどの痛みのある場合は、速やかに病院等の医療機関に相談し、医師の指示を受けるとともに、会話や人との接触を極力控えるようお願いします。

アンサンブルコンテストの結果

12月26日(土)・27日(日)に行われた、アンサンブルコンテスト中予地区予選の結果をお知らせします。
 打楽器三重奏     金賞(代表)
 金管七重奏      金賞
 サクソフォーン四重奏 銀賞
 フルート三重奏    銀賞
 クラリネット四重奏  銀賞
 金管六重奏      銀賞
 木管六重奏      銅賞
 木管四重奏      銅賞

生徒は様々なハードルを乗り越えながら精いっぱい練習に取り組んできました。
この経験を生かし、来年夏の吹奏楽コンクールでは金賞を目指して頑張ります。
引き続きご支援をよろしくお願いいたします。
年内の記事更新はこれで最終といたします。
皆様、ご覧いただき誠に有難うございました。
どうぞよいお年をお迎えください。

第2学期終業式を行いました

2学期最終日の12月25日(金)は、サンタクロースが笑顔で生徒を迎えました。

第3学期学級役員の任命と表彰伝達に続き、第2学期終業式を行いました。

3年生の代表生徒が、2学期の反省と受験に向けた冬休みの抱負を述べました。

校長先生から、「冬休みは新年の志を立てること。家族の一員としての役割を果たすこと。きれいな環境には良い風が吹きます。

衛生的な生活を心掛け、新型コロナウイルスに感染しないよう気を付けて、3学期に元気に登校しましょう」と式辞がありました。

規則正しい生活を送り、充実した冬休みを過ごしてほしいと思います。

コロナをぶっ飛ばせ!

明るい話題として、本日はみきゃん、こみきゃん、ダークみきゃんが余土中にやってきました。

生徒会と生活委員会のメンバーと一緒に、朝の挨拶運動に参加してくれました。

寒々しい正門付近が一気に華やぎ、生徒たちは元気をもらいました。

みきゃん!こみきゃん!ダークみきゃん!ありがとう。また来てね。

 

 

生徒会からのメッセージ

 生徒会から全校生徒へのメッセージが、生徒玄関に掲示されています。

 2年生全員による「いいところ探し」も貼られました。昼休みには、先生と一緒に見ている生徒の姿もありました。

 それぞれの良いところに目を向ける伝統的な素晴らしい活動です。

 後期生徒会もいろいろと新しい取組を考えてくれています。3学期も楽しみです。

 

  

今年最後の「朝の体力づくり」

朝焼けが残る運動場を、今朝も元気におよそ60名の生徒が走っています。

寒い朝も、眠い朝も、みんながいるから頑張れています。

3年生から1,2年生へと世代交代が進み、2年生が多く参加するようになりました。

2学期もあと2日で終わります。

コロナで明るい話題がなかった2020年ですが、生徒の頑張る姿から、元気や勇気をもらうことができました。

  

  

1年5組理科の研究授業が行われました。

 1年5組理科の研究授業が行われました。生徒は、力の大きさとばねののびの関係を予想し、実験により自分たちの考えを検証しました。生徒は、学習課題を解決しようと主体的に実験に取り組み、話し合いも活発に行いました。

松山聖陵高校建築科の尾﨑先生による足踏み式消毒器の扱いについての講習

 本校では、11月中旬に松山聖稜高校から贈呈していただいた足踏み式消毒器を、積極的に活用させていただいています。そのため、内蔵されていた消毒液が底をつきてきたため、尾﨑先生に本校までご足労いただいて、消毒液の補充の仕方を教えていただきました。
 今後は本校職員で補充をしていきます。寒い中、とても丁寧に教えていただいたことに感謝し、これからも大切に使わせていただきます。

 

盲天外通りの清掃活動

 朝8時から30分程度、ボランティア部の生徒が地域の方と共に盲天外通りの清掃活動を行いました。
 コロナ禍でなかなか地域の方との交流がない中、地域を愛する方と共に落ち葉を拾ったり、雑草を抜いたりして地域を美しくできる時間は、生徒にとっても貴重な経験となっています。部の中でも地域への感謝の気持ちは先輩から後輩に受け継がれ、頼もしい後輩が育っています。