ブログ

令和2年度余土中学校日記

桜満開の中、離任式が行われました。

 桜満開の中、離任式が行われました。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、第1部はテレビ放送で、第2部は体育館と武道場、コモンスペースに分かれて学年単位で行いました。対面による離任式では、代表の生徒からお別れをする先生へ心温まるエピソードが述べられ感謝の気持ちがとても伝わってきました。
 また、離任される先生方とお別れをするために保護者の皆様や過年度卒業生が学校を訪れてくれました。
 離任される先生方のますますのご活躍を心からお祈りしております。本当にありがとうございました。

令和2年度修業式を行いました

令和2年度最後の登校日となりました。
体育館に入場して、新しい前期生徒会役員の任命式を行いました。
続いて、女子ソフトボール部、男子バレーボール部、男子剣道部の表彰をしました。
修業式に先立ち、1年生の代表生徒が、「2年生になっても学習や部活動を一生懸命頑張り、卒業するときにやれることはすべてやったと思えるような中学校生活にしたい」と進級に向けての抱負を発表しました。
修了証授与後、校長先生から「1年生も2年生もすでに令和3年度が始まっているような気がします。なりたい自分をイメージしていろいろなことに挑戦してほしい。自分をつくるのは自分なのです。」と式辞を述べられました。1年生174名、2年生214名はそれぞれの教育課程を修了して進級します。

前期生徒会役員選挙が行われました

 5校時にTV放送による前期生徒会役員選挙の演説会と投票が行われました。緊張感漂う中、12名の生徒がそれぞれの公約を掲げ堂々と発表しました。立候補者から新しい前期生徒会役員が選出され、4月から約半年間、生徒会の中心となって余土中学校をリードします。

第74回卒業式を挙行しました

 第74回卒業式を挙行しました。205名の卒業生は、校長先生から一人一人卒業証書を受け取り、3年間の思い出をかみしめていました。式典後、中学校生活の様子をまとめたVTRを視聴し、感動の余韻を残して余土中学校を巣立っていきました。卒業生の今後の活躍を、在校生・教職員一同、心からお祈りしています。
 本校の卒業式に愛媛朝日テレビの取材が入りました。本日18:15~18:55のニュースで紹介される予定です。

 

1・2年生で3年生を見送りました。

 明日、1・2年生は、3年生を見送ることができないので、本日、生徒会主催による3年生を送る会を行いました。
 1・2年生が作成した動画の視聴後、グラウンドに移動して、3年生の代表者から1・2年生へのメッセージと、在校生代表から3年生への感謝の言葉が述べられました。
 そして、1・2年生がつくった花道の中を3年生は下校しました。

澄み切った青空のもと「しまなみ夢歩行」を行いました

 澄み渡った青空のもと、しまなみ海道夢歩行に今日は絶好のコンディションでした。元気にスタートを切った2年生。道中、力を使い果たさないか心配でしたが、みんな上手にペースを保って、仲間と声をかけ合い、協力しながら、見事完歩しました。ゴールにたどり着いた時の顔は、皆晴れ晴れとしていました。いつまでも心に残る想い出になったのではないかと思います。

 

1年生防災教育(避難所の運営を考えよう)

  1年生は各クラス2時間ずつHUG(避難所運営ゲーム)風水害編を行いました。ゲームとは言っても、実際に学校を避難所に設定して、次々に訪れる避難者を的確に案内し、過ごしやすい避難所にする、というシミュレーションです。家族と離れ離れの方、車いすの方、乳児を連れた方、ペットと一緒に避難してきた方など、訪れる人の事情の設定は様々です。また、停電が起こったり、テレビが届いたり、トイレがつまったりする突発的な出来事も多く起こります。生徒たちは、慌てながらも班で協力して、避難所を運営する体験に真剣に取り組みました。こういった経験がいずれ生きる力に繋がってほしいと願っています。

   

2年生少年の日記念行事 しまなみ夢歩行

晴天に恵まれ、しまなみ夢歩行を予定通り実施しています。日陰はやや肌寒いですが、歩行日和です。

21キロという長い道のりとアップダウンのあるコースですので、先頭と最後尾はかなり離れていますが、みんな元気に頑張っています。

  

2年生少年の日記念行事 しまなみ夢歩行に向けて

3月11日に実施される「しまなみ夢歩行」に向けて、各クラスの班長さんたちが、スローガンを考えました。

各班からの42編の中から、次のように決まりました。

Best  memories  Best  friends! ~今しかできない経験を 最高の仲間と~

各クラスの班長さんたちは、バスの中でのルール作りや歩行中のマナーなど、行事を成功させるために、いろいろな意見を出し合って取り組んでいます。

21kmという長い道のりですが、仲間と先生とともに互いに励まし合い、最高の思い出を作ってきてください。

 

 

盲天外通りの清掃活動

 3月6日(土)の朝8時から30分程度、今年度最後の盲天外通りの清掃活動が行われました。本校からはボランティア部の1年から3年までの10名が参加し、顧問の先生方や地域の方と落ち葉を拾ったり雑草を抜いたりして、盲天外通りを美しくしました。終わってからは丁寧に手洗いをし、感染予防にも努めていました。来年度も地域への感謝の気持ちを大切にし、地域の方と協力して美化に励んでほしいと思います。

   

1年総合的な学習の時間「防災学習」

 先月行った「緊急避難」の学習のあと、被災者としての生活シミュレーションを行い、「被災生活体験」の学習を行いました。各クラスが5つの講座(『ご飯を炊こう』『防寒着を作ろう』『トイレを作ろう』『避難所生活を考えよう』『テントを建てよう』)で学習を進め、いざというときに対応できる力を高めることを目標に取り組みました。
①ご飯を炊こう
 

②防寒着を作ろう

③トイレを作ろう

④避難所生活を考えよう

⑤テントを建てよう

3年美術科作品展

3年美術科図法を活用しての「立体感のある表現」で制作した作品を、本日から玄関に展示しています。

優秀作品を生徒たちも鑑賞しています。

 

 

ALTビルクプレゼンツ

ALTのビルク先生が、昼休みに、1年生を対象としてUNOトーナメントを開催してくれました。

週2回の開催で、この部屋では、イングリッシュオンリー、ノージャパニーズです。

何か月もかけて行われ、Championが決定しました。これはセミファイナルの様子です。

   

 

国語科、英語科、保健体育科の授業風景

1年国語科の毛筆による書写の学習です。静まり返った落ち着いた雰囲気の中で、一人一人が無心に筆を動かしています。集中して取り組むことによって、心が安定するいい時間となっています。

 

2年英語科のペアによる音読の学習です。相手に伝えることを意識して英文を読んでいます。どの子も一生懸命に頑張っていました。

  

3年保健体育科の授業です。入試に向けて勉強漬けの毎日ですが、身体を動かすことでリフレッシュしています。中学校に通う日も少なくなってきました。それを惜しむかのように、みんな楽しそうです。

 

 

1年数学図形の授業と2年技術・家庭科エネルギーミックスの授業

1年生の数学の授業です。一人一台端末を使って、立体図形の表面積を求める学習に取り組んでいます。立体になると理解することが難しい生徒も、各自のPCで視覚的にとらえることができています。ICTをうまく活用して、理解しやすいように工夫しています。

2年生の技術・家庭科のエネルギーミックスの授業です。電力会社を作るとして、どのようなエネルギーがよいのか。一人一人の考えを持ち寄り、みんなで協議をし、考えを深めました。これからの時代に生きる子どもたちに、多角的・多面的に考えられるような課題を設定し、学習を進めています。

 

2年技術・家庭科保育領域授業 絵本の読み聞かせ

2年生の技術・家庭科の授業では、幼児について学習します。

本日は、幼児への絵本の読み聞かせについて、図書館支援員の先生から、専門的な技術を教えていただきました。

好きな絵本を、分かりやすく相手に読み聞かせている様子は、どの子の表情も優しくて・・・思わずパチリ!

  

 

3月3日 桃の節句

本日は、桃の節句、ひな祭りです。陽ざしに春の訪れを感じます。

本校の健全育成支援員の方から、自作の木工細工のお雛様を届けていただきました。

玄関に飾っています。季節のしつらえは心が豊かになります。

玄関には生徒会新聞や生徒会からのお知らせも掲示しています。

 

余土小学校 金管バンド部スプリングコンサートに賛助出演

 2月27日、コミュニティセンターのキャメリアホールで、余土小学校金管バンド部のスプリングコンサートが開催されました。そこに本校の吹奏楽部が賛助出演し、1部の小学生の息の合った素晴らしい演奏に続き、2部で4曲を披露しました。恵まれたホールで演奏ができることに感謝し、小学生にあこがれと刺激を与える見事な演奏で恩返しをしました。
 演奏の最後に吹奏楽部長から「音楽に全力で取り組みたい人は、ぜひ本校の音楽室へ」と小学生にメッセージを残しました。演奏を聴く人に感動を与える素晴らしい伝統が、小学校から中学校に力強く受け継がれていることを実感しました。

 6年生の皆さん、中学校での入部をお待ちしております。