カテゴリ:1年生

1年 わくわく出前教室

 1年生の総合的な学習の時間に、わくわく出前教室として、久万高原町立久万美術館の学芸員の方に講話をしていただきました。余土めぐりの締めくくりとして、森盲天外の歴史や生き方について専門的な話を聴きました。生徒たちは、今の余土があるのは森盲天外のおかげと改めて知り、余土への愛着と誇りを感じていました。

余土めぐりを実施しました

 6月3日木曜日、1年生は余土めぐりを実施しました。

 余土ふるさとマップを見ながら、事前に班ごとに計画したルートで約3時間探索しました。実際に目で見て余土の歴史に親しみました。これからの総合的な学習の時間で、それぞれが調べた内容を振り返りながら一人一人が新聞に寺院や石碑の成り立ちや学んだことをまとめていきます。

1年生 初めての問答ゲーム

 朝活の時間に、1年生は初めて「問答ゲーム」を行いました。
 今日は、問答ゲームの流れを一通り確認した後、先生と生徒でゲームを行い、ルールや注意点を確認しました。
 今日のお題の一例です。
 「ご飯とパンではあなたはどちらが好きですか?」
 「あなたはどんな食べ物が好きですか?」
 それぞれのお題に合わせてペアで、聞き手と話し手、両方の役割を交替で経験しました。

 最初は、言葉に少し詰まりながらも、1分間の問答を楽しむことができました。6W1Hを意識して話すことができていたペアもありましたよ。

 毎週の問答ゲームを続けていくことで、よい聞き手、よい話し手になり、学習やコミュニケーション生かしたいと思います。

1年生も「問答ゲーム」を始めます

 5月26日(水)から実施する「問答ゲーム」。1年生にとって初めての活動となるため、学年集会でオリエンテーションを行いました。

「問答ゲーム」とはどんな活動か。何のためにする活動か、どのようなことに役立つのかなど、問答ゲームをする意義を理解した後、相手に伝えたいことをわかりやすく話すために、6W1Hを意識することの大切さを確認しました。

 その後、実際に先生ペアによる活動例を見て、気づいたことや良かったことを発表し合いました。

 最後に、具体的なルールと活動のポイントを復習してオリエンテーションを終えました。

 第1回目の「問答ゲーム」テーマは何でしょう? どんな活動が展開されるでしょう?当日が楽しみです。

 

1年生 学年集会の様子

 1年生は学年集会を行いました。入学してから1か月余りを振り返り、成長できたこと、今後心掛けたいことを考えました。有意義な学校生活を送るために「思いやりを持って人と接すること」「責任感と協力することの大切さ」「ルールを守って生活すること」などについて、学年部の先生から話を真剣に聞いていました。

 余土中1年生として、何ごとにも前向きに頑張ろうという意欲が高まりました。